18歳未満の方はご退出ください。

”常に性交”(学園編)をレビュー!【エロ動画/AV女優名】

*本ページにはプロモーションが含まれています。

学校で、オフィスで、病院で、所構わず後ろからガン突きされているにも関わらず、犯されている本人は全く気づかない常に性交」シリーズ。

抵抗しないのを良いことに、執拗にピストンを続けたり手マンで潮を吹かされたりしながらも、女優さんの反応しまいとする我慢の表情や声が楽しめるえちスマ的に最高評価のAVシリーズです。

今回はそんな、狂った世界観の企画モノ「常に性交」シリーズの「夏服・文化祭編」をご紹介します。

H-NEXTは無料トライアルが利用可能!

【”常に性交”(学園編)はH-NEXTにて見放題作品として配信中!】

H-NEXTでは初回31日間無料トライアルを利用することができます!(*H-NEXTとは国内最大級の映像配信サービスであるU-NEXT内の成人向けコンテンツのこと。)

通常、月額プラン2,189円(税込)の料金がかかりますが、初回31日間は無料で利用可能です。

また、ポイント作品のレンタルに使用可能なU-NEXTポイント600ポイントも付与されます!

\ 31日間無料トライアル実施中 /

「常に性交」とは?

「常に性交」とは、AVメーカーとして有名なソフト・オン・デマンド(SODクリエイト)がリリースしている企画モノのAVシリーズです。

学校やオフィス、病院、料理教室から事件現場まで様々なシチュエーションで、登場人物たちが気付かないうちに何者かに犯されているという設定で、それ以外は至って普通の日常生活が描かれています。

犯され役の女優さんは犯されている事に気付いてはいけない、つまり反応してはいけないので、どんなに激しくピストンされていても、話しかけられれば喘ぐのを我慢しながら会話しなければいけませんし、仕事中も手を休ませてはいけません。

そんな状況でも、執拗に突き続け、手マンで潮を吹かせてくる何者かに対して、顔を歪めながらも喘ぎ声を漏らさぬように耐えようとする姿は必見です。

ドSの方や時間停止モノ、「トビジオっ!」シリーズが好きな方には特におすすめです!

-セックスが溶け込んでいる日常- 学園生活で「常に性交」女子○生 「夏服・文化祭編」

作品名-セックスが溶け込んでいる日常- 学園生活で「常に性交」女子○生 「夏服・文化祭編」
メーカーソフト・オン・デマンド
出演者逢月はるな、武藤つぐみ、紗藤まゆ、加納綾子、なつめ愛莉、藍川美夏、渋谷美希
監督木村真也
発売日2015年10月22日
H-NEXTでの配信状況見放題作品として配信中
*出演女優名について公式に記載されていない作品の場合は筆者の独自調べによる表記となりますので正確ではない可能性があります。ご了承ください。

\ 31日間無料トライアル実施中 /

舞台は女子校、文化祭の準備を控えた時期に転校生がやって来て、文化祭の出し物をめぐってギャルと険悪な仲になりつつも、文化祭に向けて力を合わせていく…と言うだけならなんの変哲もない学園青春ストーリーかもしれませんが、一味違うのがこの「常に性交」シリーズ。

転入生の”逢月はるな”は自己紹介の途中から既に何者かによって犯され始めます

席に向かう途中も挿入されたままで、席に着きみんなと初めての会話を交わしながらも、体はピストンによって上下に揺れ続けています

体位を変えながらクチュクチュと音がするまで何度も突かれ、顔を歪め吐息を漏らしながらも、楽しそうに談笑を続ける姿は健気で、ドS心をくすぐられます

しばらく”逢月はるな”を犯し続けると何者かはターゲットを変え、今度は教科書の音読を先生に指示された”武藤つぐみ”や”紗藤まゆ”を犯し始めます。

後ろからパンパンと音を立てて突かれながら、音読を続けますが、どうしても声が震えたり、読むのに詰まったりしてしまいます。

泣きそうな声になりながらも読むのをやめず、中出しまでされてしまう様子は必見です。

そして、何者かが狙うのは女子生徒だけとは限りません。

今度は、”加納綾子”先生まで職員室で犯され始め、プリントをコピーしながら、階段を登りながら、学級会をしながら、犯され続けます

先生という立場もあり、生徒には毅然とした態度をとっていますが、様々な体位で突かれ続ける内に、喘ぎ声が漏れ出てしまい、感じていることを隠しきれなくなる様子も最高です

学級委員の”なつめ愛莉”が文化祭の出し物を決めるために黒板の前に立ちますが、司会を始めるとすかさず何者かに犯され始めます。

みんなから出た案を黒板に書き出している途中でもピストンは止まりません。

書いている文字は歪み、思わず「ゔッッ!」と声を漏らしながらも出し物の意見をまとめていきます。

えちスマ的には一番前の席に手をつき、バックからガン突きされて、イキながら足をブルブルと震わせているシーンが特にお気に入りです

転校生の”逢月はるな”と険悪になってしまった、”渋谷美希”は慕っている保健の先生である”藍川美夏”先生の元へ相談に行きます。

ここでは、二人とも会話をしながら犯され始めてしまいます。

「常に性交」シリーズでよくあるシーンで、犯されている二人ともが喘ぐのを我慢しながら会話を続けようとするも、次第に会話どころではなくなってくるという、非常にシュールではありながらも、我慢する姿に興奮してしまうこと間違いなしです。

無料サンプル動画

\ 31日間無料トライアル実施中 /

まとめ

以上が、「常に性交」シリーズの『-セックスが溶け込んでいる日常- 学園生活で「常に性交」女子○生 「夏服・文化祭編」』のご紹介でした。

学校という日常空間に現れる何者かによって生徒や先生が犯され続けるという世界観は唯一無二で、透明人間モノなどのような犯されていることはわかるが、何者に犯されているか分からないというものではなく、犯されている事に気付けない、女優さん的には気付いてはいけないという部分が魅力ではないかと思います。

この作品に魅力を感じられた方は関連記事もぜひご覧になっていただければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

本ページの情報は2023年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。